マンション投資で失敗しない~失敗しないために守ろう鉄の掟~

家と財布

どのように経営するか 

マンション

不動産投資の方法は多数ありますが、よりリスクを回避してマンション経営を行う際は、一棟マンション投資を行うのも一つの方法です。一棟マンション投資は区分マンション投資とは変わって、投資者一人で、一つのマンションに投資を行い管理、運用、経営を起こなう投資方法です。区分マンションよりもマンションの購入価格は高いもののリスクは低いといわれています。というのも区分マンションを購入すると、少数の空き室でも収入にかなりの変化があります。それは、所有しているマンションの区分が少ないからです。より安定して収入を得るためには、一棟マンションを購入してマンション全体を購入することが大切なのです。

一棟マンション投資は、購入の際に融資を受けやすいといわれています。より安定して収入を見込める一棟マンションだからこそ融資を受けやすいといわれていますが、ローンを組む際には注意しましょう。一棟マンション投資は、経営方針を自由に変えることも可能です。どうしても区分マンション投資だと、他の出資者と経営方針を決める必要があるため自由にその方針を変えることはできません。そのため、家賃設定も決まった額から変動しにくいといわれています。ただ一括マンション投資は、自分で経営を決められるため、どのように入居者を増やすかも自由に決められるのです。一棟マンション投資を行う際は、マンションの立地条件や空き室リスクを考えてから物件を購入するといいでしょう。一括マンション投資に向けたセミナーもあるため参加するといいでしょう。